一般

「ながら運転」が違反点数や反則金を約3倍に引き上げ12月1日改正道路交通法が施行

「ながら運転」が違反点数や反則金を約3倍に引き上げ12月1日改正道路交通法が施行

一般

スマホやカーナビの普及に伴って、「ながら運転」が招く交通事故が増加傾向にある中で、重篤事故も発生し、罰則の強化を望む声に応え、スマホを見ながら運転し、事故を起こした場合には「一発免停」となるなど、関連の行為に対する罰則が強化されたのが特徴だ。ながら運転による事故が相次ぎ、遺族から…

内部犯罪や内部の情報漏れ等から高額現金が奪われる事件

内部犯罪や内部の情報漏れ等から高額現金が奪われる事件

一般

今回の事件のように、防犯体制の不備によって内部の者による犯罪や内部の事情や情報が漏れたことによって防犯上の弱点を突かれた場合の事件では、多額の現金が簡単に奪われてしまう。犯人が検挙されて被害額が少ないからといっても社会へ及ぼす影響は大きい。特に、今回のように1人で白昼堂々と多額の…

最低賃金引き上げ

最低賃金引き上げ

一般

厚生労働省の諮問機関である中央最低賃金審議会は、7月31日引き上げ額の目安を全国平均で27円とすることを決めた。よって、目安どおり引き上げられると現在の全国平均額874円が901円となる。東京都や神奈川県では、1,000円台に到達することになる。最低賃金は、昨年度まで3パーセント…

東京オリンピック・パラリンピックに向けた交通対策テスト。7月24日/26日の道路規制まとめ

東京オリンピック・パラリンピックに向けた交通対策テスト。7月24日/26日の道路規制まとめ

一般

東京2020組織委員会(公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)と東京都は、2020年7月24日に開幕する東京オリンピック期間中の交通対策検討の一環として、7月24日と7月26日の両日に、TSM(交通システムマネジメント)の試行を実施する。TSMは、交通混…

「特定技能」ビザ

「特定技能」ビザ

一般

2019年(平成31年)4月から「特定技能」という在留資格が新設された。この「特定技能」ビザを取得することによって、通常の就労ビザでは認められていなかった、外国人の単純労働が認められることとなった。 ただし、「特定技能」ビザを取得できる業種は、「特定産業分野」に限られる。警備業は…

Security News for professionals
「健康保険証」使えない2つのケース“ 筆者談:交通事故で保険証を使ったら大変な作業が”

「健康保険証」使えない2つのケース“ 筆者談:交通事故で保険証を使ったら大変な作業が”

一般

医療機関で診療を受ける際に、健康保険証を使えない、使ってはいけないケースがあります。● ケース1. 労働者災害補償保険業務上のケガ(原則的には通勤途上のケガも含む)、病気などの場合は、労働災害補償保険が適用されます。労働者災害補償保険は、労働者を1人でも雇用する場合に、強制的に適…

生産年齢人口、1950年以降で最低に

生産年齢人口、1950年以降で最低に

一般

総務省が12日公表した2018年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は前年より26万3千人少ない1億2644万3千人で、8年連続のマイナスだった。働き手の中心となる15~64歳の生産年齢人口は51万2千人減り、全体に占める割合は59.7%で、比較可能な1950年以…

東京地裁 平成15年(2003年)9月8日判決

東京地裁 平成15年(2003年)9月8日判決

一般

交通誘導員の指示にしたがって右折できるものと過信して信号及び対向車を確認しないで交差点を右折したところ、対向車線を直進してきた車両と衝突した事故につき、右折車両運転手と交通誘導員の過失割合を70対30とした事例

福岡高裁 平成9年(1997年)3月25日判決

福岡高裁 平成9年(1997年)3月25日判決

一般

交通事故で受傷した被害者に対し、任意保険会社が一括支払いシステムで保険金支払いした後、誘導員の指示ミスも不法行為と判断されたため、共同不法行為者たる警備会社へ求償金請求した事案につき、任意保険の求償の範囲は、自賠責分を控除した額を共同不法行為者に求償できるものと解された事例

大阪地裁 平成6年(1994年)2月24日判決

大阪地裁 平成6年(1994年)2月24日判決

一般

交差点手前の工事現場先で、前方信号が赤であるにもかかわらず、工事現場の警備員が進入可能の白旗を振ったため交差点に進入した加害車が、青で進入してきた被害車と出合頭に衝突した事故について、加害車運転手と警備員の双方に過失を認め、その割合を4対6とした事例

Security News for professionals