警備に関する事件

内部犯罪や内部の情報漏れ等から高額現金が奪われる事件

内部犯罪や内部の情報漏れ等から高額現金が奪われる事件

一般

今回の事件のように、防犯体制の不備によって内部の者による犯罪や内部の事情や情報が漏れたことによって防犯上の弱点を突かれた場合の事件では、多額の現金が簡単に奪われてしまう。犯人が検挙されて被害額が少ないからといっても社会へ及ぼす影響は大きい。特に、今回のように1人で白昼堂々と多額の…

東京地裁 平成15年(2003年)9月8日判決

東京地裁 平成15年(2003年)9月8日判決

一般

交通誘導員の指示にしたがって右折できるものと過信して信号及び対向車を確認しないで交差点を右折したところ、対向車線を直進してきた車両と衝突した事故につき、右折車両運転手と交通誘導員の過失割合を70対30とした事例

福岡高裁 平成9年(1997年)3月25日判決

福岡高裁 平成9年(1997年)3月25日判決

一般

交通事故で受傷した被害者に対し、任意保険会社が一括支払いシステムで保険金支払いした後、誘導員の指示ミスも不法行為と判断されたため、共同不法行為者たる警備会社へ求償金請求した事案につき、任意保険の求償の範囲は、自賠責分を控除した額を共同不法行為者に求償できるものと解された事例

大阪地裁 平成6年(1994年)2月24日判決

大阪地裁 平成6年(1994年)2月24日判決

一般

交差点手前の工事現場先で、前方信号が赤であるにもかかわらず、工事現場の警備員が進入可能の白旗を振ったため交差点に進入した加害車が、青で進入してきた被害車と出合頭に衝突した事故について、加害車運転手と警備員の双方に過失を認め、その割合を4対6とした事例

Security News for professionals
東京地裁 昭和52年(1977年)8月30日判決

東京地裁 昭和52年(1977年)8月30日判決

一般

給油所において、大型貨物自動車が給油後の後退の際に、給油所従業員の誘導により計量機に接触し破損させた事例。従業員の誘導指示に過失があったことから、給油会社の損害賠償請求に対して、20パーセントの過失相殺を認めた。

家庭裁判所で離婚調停中の妻を刺殺

家庭裁判所で離婚調停中の妻を刺殺

一般

平成31年の3月20日午後3時20分頃、東京家庭裁判所の玄関前で、アメリカ人の男が離婚調停中の妻(31歳)を突如刃物で襲い殺害する事件が発生した。男はアメリカ国籍でスキンヘッド、犯行時は黒いマスクを着用。妻の被害者は、2018年11月頃から離婚に向けて話合いをしており、今回の裁判…

警備業の歩みとかかわりを有する事件等

警備業の歩みとかかわりを有する事件等

一般

 1962年(昭和37年)7月7日日本に初めて警備業が誕生(日本警備保障(株)現セコム(株)。1973年「SECOM」(セコム(Security Communication))。アメリカでは、1850年に警備業が誕生その後、日本の警備業が広く世の中に認知される過程におい…

Security News for professionals