セキュリティ

元全国警備業協会常務理事木村清様(92歳)ご逝去

元全国警備業協会常務理事木村清様(92歳)ご逝去

セキュリティ

令和元年11月13日午後10時にご逝去されました。木村清様は、昭和59年3月に警察庁を定年によって退官され、同年4月から(社)全国警備業協会事務局長に就任(昭和62年6月から常務理事)され、平成14年3月の退職まで17年間に及ぶ長きにわたり警備業界の発展に寄与されました。特に、昭…

令和元年秋の叙勲

令和元年秋の叙勲

全国警備業業界からは、宮崎武則氏(70歳;北総警備保障(株)代表取締役社長;元千葉県警備業協会会長)は、秋の叙勲において、旭日小綬章を受賞された。宮崎氏は、平成元年4月から千葉県警備業協会の理事を務め、平成5年からは20年に渡り会長を務められた。この間、平成20年から2年間関東地…

埼玉県警備業協会・業界初の協会非会員対象「オールフリー研修会」開催

埼玉県警備業協会・業界初の協会非会員対象「オールフリー研修会」開催

セキュリティ

(一社)埼玉県警備業協会(山崎守会長)は、10月25日、警備業界では初めて、協会非加盟員を対象に「オールフリー研修会」として、改正警備業法施行規則等への適正な対応を行うべき研修会を開催した。集まった非協会加盟員は、午前と午後の2回の研修会に35社40人が参加した。研修会の料金は、…

事業継承者に個人保証を免除する新制度(中小企業者対象)

事業継承者に個人保証を免除する新制度(中小企業者対象)

セキュリティ

警備業は、設立3期黄金時代(昭和40年代が第1期、50年代が第2期、60年代が第3期)に多くの企業が設立され今日まで発展してきた。よって、10年ぐらい前から世代交代、いわゆる事業継承が始まり、今後10年程度続く状況にある。また、警備業やビルメンテナンス業においては、企業全体の7…

全国警備業協会『加盟員の労災事故の実態(2019セキュリティタイム労災特集)』発刊

全国警備業協会『加盟員の労災事故の実態(2019セキュリティタイム労災特集)』発刊

セキュリティ

(一社)全国警備業協会(中山泰男会長)は、平成30年度労働災害事故実態調査結果をセキュリティタイム労災特集として発表した。セキュリティタイムによると、この調査の目的は、加盟員の労災事故の実態を明らかにし、労災事故の防止と労災保険の収支改善活動のための資料とすることから昭和61年か…

Security News for professionals
厚生労働省 長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表

厚生労働省 長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表

セキュリティ

厚生労働省では、このたび、平成28年4月から平成29年3月までに、長時間労働が疑われる23,915事業場に対して実施した、労働基準監督署による監督指導の実施結果を取りまとめた結果を公表した。この監督指導は、月80時間を超える時間外・休日労働が行われた疑いのある事業場や、長時間労働…

ロボット技術が物流や介護などさまざまな業種に波及

ロボット技術が物流や介護などさまざまな業種に波及

セキュリティ

近年、ロボット技術がさまざまな業種に波及し、人に代わって専門業務を担うべく開発が進められ、実証実験が実施されている。また、ロボット技術に自動運転技術を付加した新たなロボットが警備業において実用化に向け具体的な警備業務にシフト化されている。警備ロボットは、ここにきて、開発や実証が急…

電通新聞局長を逮捕 ラグビー観戦後に警備員への暴行容疑

電通新聞局長を逮捕 ラグビー観戦後に警備員への暴行容疑

セキュリティ

横浜国際総合競技場(横浜市港北区)で開催されたラグビー・ワールドカップの試合を観戦後に警備員を殴ったとして、神奈川県警は大手広告会社「電通」の新聞局長、吉野純容疑者(51)東京都港区を暴行容疑で現行犯逮捕したと発表した。本人は「たたいていない」と容疑を否認しているという。神奈川県…

警視庁は、原料で爆発物が製造できる実態を知ってもらおうと、通販大手アマゾンジャパンで社員向け講習会を実施

警視庁は、原料で爆発物が製造できる実態を知ってもらおうと、通販大手アマゾンジャパンで社員向け講…

セキュリティ

東京五輪・パラリンピックを来年に控え、警視庁は4日、インターネットで購入できる原料で爆発物が製造できる実態を知ってもらおうと、通販大手アマゾンジャパン(東京都目黒区)で社員向け講習会を実施し「複数種類の原料を短期間に連続して購入する人物がいたら通報してほしい」と注意を呼び掛けた。…

駅での危険物所持検査の国交省実証実験第2弾を実施

駅での危険物所持検査の国交省実証実験第2弾を実施

セキュリティ

2020年東京五輪・パラリンピックに向け鉄道のテロ対策を強化するため、政府が今年中にも、駅での危険物所持検査の実証実験第2弾を実施する方針を固めたことが29日、関係者への取材で分かった。新幹線の東京駅を含む2カ所で、爆発物の探知能力がある犬や危険物を検知できる装置の投入を想定して…

Security News for professionals