セキュリティ

医学的根拠に基づいた「コロナ対策警備」の運用開始

医学的根拠に基づいた「コロナ対策警備」の運用開始

共栄セキュリティーサービス株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:我妻文男)は、病院経営・運営の総合支援事業を担う株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区 代表取締役:古川淳)と、新型コロナウイルス感染症への対応に関する業務提携及びアドバイザリー契約を締結した。

新型コロナ感染症拡大の影響は、経済活動に大きな打撃を与えるとともに、私たちの生活においても「新しい生活様式」への適応など大きな変化をもたらした。企業や組織においても、適切な対応策を講じることが必然となっている。

同社もこれまで、経済産業省などから提唱されているガイドラインや厚生労働省からの案内に基づいた感染症拡大防止策を講じて業務を行ってきたが、業種、業態、組織、シーンによって、適切な対応形態が様々であることから、事業活動を推進していくうえでより適切に対応できるようにと専門機関のサポートを受けることとなった。

今回の業務提携は、両社の「顧客、社会、従業員に対する『安全・安心』の提供」という共通ポリシーのもと、互いに有する経営資源及び経営ノウハウを有効活用し、より良い社会を再建するのが目的。また、各種組織及び活動に向けた感染症対策に関する情報発信、自律的活動としての「BBB認定証」*取得の働きかけと普及活動についても共同で実施していく。

アドバイザリー契約については、同社が施設やイベント等へ提供する警備の特性・状況に適合したガイドライン策定と運用支援、感染症予防対策に関してキャピタルメディカが全面サポート。現在、同社の警備概要に沿ったガイドラインが策定され、運用が進められている。同社が当ガイドラインを遵守する組織であることが証明されれば第三者認定「BBB認定証」を受けることになり、あらゆる警備シーンにおいてより積極的かつ徹底した新型コロナウイルス感染症対策が行われる。

*「BBB認定証」は、キャピタルメディカ社が、各組織、施設、また事業等の特性・状況に適合して策定した「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」を遵守する組織や施設に発行。「BBB」とは(Build Back Better:ビルド・バック・ベター)の頭文字を取ったワードで「よりよい社会の再建」を意味する。

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad