一般

助成金は人材育成などに使える返済不要の制度、来年度は予算削減か?

助成金は人材育成などに使える返済不要の制度、来年度は予算削減か?

新型コロナウイルス感染症の影響により、雇用調整助成金がクローズアップされたことは記憶に新しいところです。

会社の都合で従業員を休ませた場合に「休業手当」を支払わなければなりません。雇用調整助成金はこの休業手当を補填するための制度で、厚生労働省の助成金の一つです。助成金には、キャリアアップ助成金、両立支援等助成金、働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)など多数提供されています。これらの助成金は、職場環境の向上や人材育成などに活用することができます。なにより助成金は貸付金ではなく、返済不要で会社の売上(雑収入)として計上することができます。また助成金は、会社が納付している労働保険料(雇用保険料)を財源としています。利用しない理由はありません。

しかし助成金は申請手続きなどが複雑です。賃金台帳などの法定帳簿を調製することは当然ですが、就業規則の整備、労働条件通知書の交付や年次有給休暇管理簿の調製も必要となっています。申請手続きについては、原則として事前に計画書を提出しなければならず、支給申請についても補助金ごとに時期が異なっています。雇用調整助成金については、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例として、申請手続き等が簡素化されてはいますが、申請時期の勘違いなども起こるなどやはり難しいというのが実情です。雇用関係助成金については、来年度予算が大幅に削減され、メニューも大きく変わるかもしれません。利用を検討されている場合は、早急に対応が必要となります。なお一部助成金については、すでに募集を終了しているものがあります。

 

主な助成金

雇用調整助成金(コロナ特例)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

キャリアアップ助成金

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html

両立支援等助成金

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html

 

 

現在、厚生労働省では中小企業・小規模事業者等に対する働き方改革推進支援事業を展開しており、全国社会保険労務士会連合会が受託しています。さらに各都道府県に働き方改革推進支援センターが設置されています。今なら助成金をはじめとして、同一労働同一賃金など働き方改革に関する相談を無料で受けることができます。

 

全国社会保険労務士会連合会 働き方改革特設サイト

https://hatarakikata-sharoushi.org/

厚生労働省 働き方改革推進支援センターのご案内

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000198331.html

厚生労働省 働き方改革推進支援センター連絡先一覧(PDF)

https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000631450.pdf

厚生労働省 事業主のための雇用関係助成金

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html

厚生労働省 雇用関係助成金検索ツール

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index_00007.html

 

 

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad