セキュリティ

警視庁警察官に熱中症対策

警視庁警察官に熱中症対策

警視庁は、東京オリンピックパラリンピックに向け警察官の熱中対策

警視庁は、東京オリンピックパラリンピックの警備では、警察官が炎天下で警備に当たるため、熱中症予防のため、新たに改良した冷却ベストを導入した。導入した新しい冷却ベストは、背中や脇の部分に入れる冷却剤の性能を向上させ、体を冷やす効果をこれまでの1時間から6時間程度にまで延びるものに改良した。

来年のオリンピックまで4000着を用意し、炎天下で警備に当たる機動隊員らに配布されるが、そのうち1000着を先行導入し、この夏に行われるテストイベントなどで使われる(警備第一課 重久真毅 課長)。

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad