一般

罰則強化で「ながら運転」事故63%減少

罰則強化で「ながら運転」事故63%減少

ながら運転の罰則は昨年強化された。昨年12月から今年2月までに6万4617件であり、1年前の同じ時期より63パーセント減少した。

警察庁は2日、1年前の同じ時期より63パーセント減少したと発表した。道路交通法で禁止っされている「ながら運転」については、なかなか違反や事故が後を絶たなかったため、昨年罰則を5万円以下の罰金から、6か月以下の懲役又は10万円以下の罰金に強化するとともに、行政処分の反則金は、6千円から1万8千円に引き上げたほか、事故を起こすなど「交通の危険を生じさせた」場合には、全て刑事手続きの対象となる。

これによって、過去5年間の同じ時期と比較したところ、罰則の意強化後激変したことが分かった。また、5年前と比較すると73パーセント減ったという。そのほか、人身事故も強化前の12月から2月は、600件前後あったものが、今年2月までで、363件にとどまった。

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad