特集記事

田邊龍美氏 KSPグループ会長 ③ 【私の警備道】~第3回 官庁警備とM&A~

田邊龍美氏 KSPグループ会長 ③ 【私の警備道】~第3回 官庁警備とM&A~

私の警備道 特集ページはこちらから  

前回 第2回「国際警備株式会社」はこちらから  

 

第3回 官庁警備とM&A


 

機械警備への対応

1970(昭和45)年、日本警備保障の機械警備への移行により、多くの常駐警備先を得ることになった国際警備だが、早くもその翌々年、1972(昭和47)年には、自らも機械警備に乗り出している。「やらないと時代遅れと思われ、やらざるを得なくなった」のだと田邊は語る。 機器もセンサーとアラームをつないだ簡単なもので、「最初はセンターマシンを使ってひとつづつつないでいった」という。機器を扱う企業は5社ほどあり、そのなかから使い勝手を勘案して選定し採用した。 その後、用いる機器は、画像、映像の送受信が可能になるなど長足の進歩を遂げ現在に至るが、その間もさまざまな課題に行き当たった。たとえば「画像通信の最初のころは乱れが発生し、一定の状態に保つのが難しかった」。また、普及が進むと「韓国やアメリカから安いカメラが入ってくるようになった」が、さっそく導入すると「半年ぐらい使うと、くもってきちんと映らなくなる」こともあった。これは使用するレンズの耐久性が低かったものらしい。機械警備に用いる機器の耐用年数は、現在でも「5~6年くらい」だという。 機器の設置にはそれなりにまとまった費用がかかることから、

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad