特集記事

遺伝的高血圧が短命リスク発表(大阪大学と東京大学など)

遺伝的高血圧が短命リスク発表(大阪大学と東京大学など)

大阪大学と東京大学などの研究チームはゲノム(全遺伝情報)を分析して遺伝的に高血圧になりやすい人ほど寿命が短くなるリスクが高いとする研究結果を発表した。

70万人分のゲノムを分析し、個人の健康リスクを予測し、生活習慣などを改善することで、病気予防につなげられる可能性があるという。

この論文が、米医学誌ネイチャー・メディシンに掲載された。

研究チームは、日本、英国、フィンランドの3か国で保存されているゲノムから高血圧や高コレステロール、中性脂肪など33項目の病気に関する遺伝的リスクを抽出し、寿命との関係を解析した。

その結果、高血圧の遺伝子的リスクが高い人ほど、心臓や血管の病気によって寿命が短くなる傾向が見られたという。

高血圧は、全項目のうち寿命を縮めるリスクが最も高かった。肥満も寿命を縮める要因で、その影響は日本人より欧州人の方が強いことが分かった。

ゲノムは、個人によってわずかに異なり、その違いが様々な病気のかかりやすさに関係するという。

寿命には、生活習慣や環境も大きく関係する。研究チームの岡田随象(おかだゆきのり)大阪大学教授(遺伝統計学)は、「高血圧のリスクが高い人でも、適切な食生活や運動で寿命を延ばすことができる」という(読売新聞)。

 

 

 

 

 

 

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad