セキュリティ

空港の保安検査強化(国土交通省2019年9月6日)

空港の保安検査強化(国土交通省2019年9月6日)

国土交通省航空局は、ラグビーワールドカップや来年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、全国の空港の保安検査で、全ての乗客を対象に上着等を脱いでもらいエックス線検査にかけるなど搭乗前の検査を強化する。

全国の空港では、機内への危険物等の持込禁止物の持ち込みを防ぎテロ対策の強化を進めるため、9月13日から搭乗前の保安検査を強化する。
これまでは国際線で検査が行われていたコートやジャケットなどの上着のほか、ブーツなどのくるぶしを覆う靴について、国内線も含め全ての乗客を対象にエックス線検査を実施する。
また、不審に思われる者や無作為で選んだ乗客に対して通常のボディーチェックに加え、特殊な紙を使用し、体に爆発物の成分が付着していないかをなどをチックする検査も新たに実施する。
よって、国土交通省は、「通常よりも搭乗までの保安検査に時間がかかることから搭乗手続きには余裕を持って来てもらいたい」と呼び掛けている。

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad