一般

東京地裁 昭和52年(1977年)8月30日判決

東京地裁 昭和52年(1977年)8月30日判決

給油所において、大型貨物自動車が給油後の後退の際に、給油所従業員の誘導により計量機に接触し破損させた事例。従業員の誘導指示に過失があったことから、給油会社の損害賠償請求に対して、20パーセントの過失相殺を認めた。

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad