セキュリティ

全国初の「警備業政治連盟」を設立(鹿児島県の警備業者)

全国初の「警備業政治連盟」を設立(鹿児島県の警備業者)

鹿児島県の警備業者によって1月28日「警備業政治連盟」を全国に先駆け設立する。

1月8日に開かれた鹿児島県警備業協会の新年互礼会の席上、発起人の井上文雄氏(第一相互警備保障)が明らかにした。

今後は、政権与党所属の国会議員、地方議会への働きかけを強化し、政党、政治家その他関係機関への要請(陳情)、政党などが主催する各種講演会への参加、自治体の予算などに関連した議会の動向を把握するなどして、警備業の社会的・経済的地位の確保・向上と警備業の発展を図ることを目的とし設立・活動するという。

しかし、一方では懸念される声も聞かれる。それはすでに、「警備業の更なる発展を応援する議員連盟」が存在するのにもかかわらず、政権与党という特定の政治色を明確にした連盟を組織化することの意義があるのだろうか。そして、それに警備業協会が係わるようであれば、違和感もあり、30年も前にも政治がらみの問題が発生しており、特定の政治色を警備業協会が支持することとなれば問題発生の要素となったり警備業協会への圧力団体になることが懸念される。

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad