セキュリティ関連

「トイレ掃除のプロ」が見せる実力 | アメニティ

「トイレ掃除のプロ」が見せる実力 | アメニティ

会場の一角にできた人だかりから「わー、ツルツルになってる‼」という歓声が上がった。

「トイレ掃除のプロ」を自任する星野延幸さんが経営するトイレ掃除業のアメニティ(群馬県前橋市、http://www.a-amenity.jp/)のブース。

通路ギリギリに置かれた洋式便器を、星野さんが電動ドリルの先に装着したパッドで磨いていく。

磨いていた便器は、設備会社さんが引き取ってきた使用済みの便器。

使っていたことにより水垢汚れが付着していて、それを見事に除去したのだ。

それで、見ていた皆さんからあの歓声が上がったという次第。

使っていたのは、星野さんが独自に開発し特許も取った6種類の「超落ちドリルポリッシャー」(単価10,450~14,300円)だ。便器を傷つけないで磨くポリエステルパッドで、広い面、狭い面、穴部分などを掃除する。

すり減ればパッドは交換が可能という。

人の嫌がる仕事に商機があると起業して約30年。水垢や尿石で汚れた便器をツルツルピカピカに磨きながら技を磨き、器具も工夫を重ねた成果の実演は説得力がある。

あるところのトイレ洗浄を請け負って仕事を終えたら、結果を確認にきた店舗責任者から「便器を交換したの?」と言われたこともあったそうだ。

今では、約5時間コースの「ホシノ式ニュースタイルトイレ掃除講習」(受講料1人55,000円)も行っている。

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad