一般

最低賃金引き上げ

最低賃金引き上げ

厚生労働省の諮問機関である中央最低賃金審議会は、7月31日引き上げ額の目安を全国平均で27円とすることを決めた。よって、目安どおり引き上げられると現在の全国平均額874円が901円となる。東京都や神奈川県では、1,000円台に到達することになる。

最低賃金は、昨年度まで3パーセントの引き上げが続いていた。審議会の下部組織である小委員会で30日協議された結果、4年連続の3パーセント引き上げを決め同日審議会が了承して、それを根本厚生労働大臣に答申した。これを受け、今後都道府県の最低賃金審議会が地域の実情を考慮した上で、引き上げ額を確定することになる。

東京都が目安どおりに引き上げられると1,013円、神奈川県は、1,011円となる。適用となるのは10月頃の見通し。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
861 788 788 824 788 789 798 849 853 835 926 923 1013 1011
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫
829 848 832 829 837 848 851 885 926 873 866 909 964 898
奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎
837 829 788 790 833 871 828 792 818 790 788 840 788 788
熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
788 788 788 787 788