特集記事

伝統の足袋職人がマスク作りを伝授

伝統の足袋職人がマスク作りを伝授

行田市のランニング足袋製造で知られる「きねや足袋(行田市作間)」が家族で手作りできるよう型紙と作り方をホームページに掲載した。

きねや足袋は、伝統的な製法による足袋作りで有名である。新型コロナウイルス感染拡大によるマスク不足解消にとマスク作りをはじめた。

足袋の布地を使って縫製の職人が一つずつ縫い上げ1日200枚程度作るという。このマスクは一般的な和装用のブロードを使用し、S/M/Lの3サイズで耳に掛けるゴムは、使う人の顔のサイズに合わせて選べ、価格は1枚500円、5月下旬から販売するという。

家庭で手作りできるよう、型紙と作り方をホームページに掲載されている(毎日新聞20.5.12)。

 

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad