セキュリティ

ナイフ所持の客検査場を通過“伊丹空港混乱”

ナイフ所持の客検査場を通過“伊丹空港混乱”

大阪伊丹空港の全日空の保安検査場で、小型ナイフらしきものを持った乗客を通してしまうミスがあった。

報道によると、伊丹空港(大阪空港)の保安検査でミスが起きたのは9月26日の午前7時ころ。伊丹空港(大阪空港)の保安検査場係員が手荷物検査を行っていたところ、乗客の手荷物の中に「刃物のようなもの」があることを金属探知機で発見。ところが伊丹空港(大阪空港)の係員は誤って乗客に返却してしまったと申告があり、伊丹空港(大阪空港)では午前9時40分ごろから、すでに保安検査を済ませた乗客の再検査を実施資するとともに、伊丹空港(大阪空港)のトイレの点検も進めているとのこと。

11時半現在、保安検査場の再開のめどは立っておらず、羽田便などすでに5便が欠航

その後、安全確認が完了したため、正午過ぎに保安検査場は再開したという。

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad