セキュリティ

【警備業関係用語】6月㉒ 蛇行方式・無主物・任意同行・ショートフラッシュ

セキュリティ警備業
警備業関係用語

~今さら聞けない、覚えておきたい警備業関係用語~

各業界には業界特有の用語などがあり、警備業にもたくさんの用語があふれています。普段、何気なく使っている用語の意味を改めて確認してみませんか?
朝礼などでみなさんで確認するのもおすすめです。

1回につき4語の掲載で平日更新予定となります。


 

蛇行方式(だこうほうしき)

整列の方式の1つで、蛇が這うように、くねくねと左右に曲がっていくように整列させることで、入り口に向かって縦方向の蛇行と横方向の蛇行がある。
 

無主物(むしゅぶつ)

何人の所有にも属さない物のこと。


 

任意同行(にんいどうこう)

警察官が職務質問をしようとする者を、その者の同意を得て最寄りの警察署・交番・駐在所に同行すること。また、任意出頭を求める方法として行われることもある。警備業務においては、保安警備員が万引きした者を警備室に同行を求めて、本人に了承を得た場合を任意同行という。


 

ショートフラッシュ(しょーとふらっしゅゅ)

懐中電灯の照射方法の1つで、点射ともいう。この方法は、点射時間をできるだけ短く、かつ照明間隔を長くとった点滅方式で、巡回の基本的な懐中電灯の使い方である。この方法によって行動の秘匿ができ、安全行動となる。


 

Security News for professionals main center ad
Security News for professionals main footer ad